治療の種類について

治療の種類

インレー(詰め物)によるセラミック治療

むし歯を削る量が少ない場合「インレー」と呼ばれる詰め物をします。セラミック治療では銀歯と違い自然な見た目が実現できます。

クラウン(被せ物)によるセラミック治療

むし歯を削る範囲が大きい場合には、「クラウン」とよばれる被せ物をします。セラミック治療では天然の歯のような見た目が実現可能です。

ブリッジ(橋渡しのような被せ物)によるセラミック治療

歯を失ってしまった場合での治療法の選択肢のひとつである「ブリッジ」もセラミック治療が可能です。

ファイバーコア(土台)

当院ではセラミック治療には金属の土台であるメタルコアは使用しません。
金属成分が溶け出すことによる、金属アレルギーの問題や、歯茎を黒くしてしまうメタルタトゥなどの問題もありますし、歯根破折のリスクも高くなるため、当院ではファイバーコアを使用しています。

ファイバーコアは、適度な柔軟性もあるため、歯根破折のリスクがメタルコアよりも低くなることと、メタルコアのように光をさえぎってしまい、せっかくのセラミックの審美性を損なうことが無いためです。