詰め物・被せ物の種類

歯科金属の種類

パラジウム

保険で使用されている「銀歯」の多くは「金銀パラジウム合金」という金属です。
金銀パラジウム合金は、安価で保険適用になるメリットがありますが、ヨーロッパでは制限を設けている国があります。ドイツでは、歯科業界に対し、保健相が「幼児及び妊婦に対して銅を含有するパラジウム合金と、水銀・銀アマルガム合金を使用しないこと」という勧告をしました。

ドイツをはじめ、ヨーロッパの歯科医療先進国では、「パラジウムフリー = パラジウムを含まない」の金属を使うことを推奨しています。また、パラジウムは金属アレルギー検査(リンパ球幼弱化テスト)を行うと、約半数の人に陽性反応が出ます。

アマルガム

銀色の詰め物で「水銀アマルガム(アマルガム)」があります。「アマルガム」は、むし歯を削った部分に充填するための歯科金属で、1970年代頃には特に多く使用されていました。

アマルガムは、銀・スズ・銅・亜鉛の粉末と「無機水銀」との合金です。アマルガムは口の中で少しずつ腐食して水銀が溶け出し体内に蓄積されます。研究によると、アマルガムは口腔内に使用されてから3年以内に劣化しだし、10年後には平均で総重量の約73%が減少するという報告もされています。歯科医療先進国であるスウェーデンや、イギリスではアマルガムは使用禁止になっています。

銀合金

「銀合金」は銀を主成分とした合金で、主に「乳歯の詰め物」や、「被せ物の治療の裏打ち」に使用されます。長持ちしにくく、永久歯の治療には向いていません。

パラジウム(補足)

パラジウムは、あらゆる歯科用鋳造合金において、一般的な金属で、金のコストの増加に対応してその使用が増加しています。しかし「パラジウム」はイオンの形で体内に取り込まれると、生物学的システムに有毒で、アレルギー性の効果があります。また、パラジウムイオンの発がん性はまだ明らかではありませんが、変異原として作用する可能性があるという証拠がいくつかあります。

以下、日本において金銀パラジウム合金が保険適用となった背景の参考文献。

1960年頃、戦後の厳しい経済情勢下の日本の歯科界では、低廉な「銅亜鉛合金」を代用金属として保険診療にも採用しようとする動きが出てきた。
金属の腐食の点から見ると、きわめて過酷な環境の口腔内に使用する金属は、化学的、生物学的に安定した金、ないしは貴金属合金でなければならない。
日本補綴歯科医学会は銅亜鉛合金が歯科用として採用されることを阻止する為に、「歯科用金属規格委員会」を設置し、歯科用合金の規格とテスト法ならびに各種合金の評価を行った。
こうした学会の活動によって、銅亜鉛合金の歯科臨床への導入は避けることができた。
また、同委員会は、歯科用合金としては金合金を使用するのが本筋で、総医療費や日本の経済力から見て代用合金の使用もやむを得ないが、その際でも、金銀パラジウム合金をもって代用合金の許容限界とし、しかもできるだけ早い時期に金合金に移行すべきであることを、委員会報告書で発表した。

「GPのための金属アレルギー臨床」 井上昌幸監修