セラミック治療とは

審美治療について

歯科における審美治療は、お口の状態をより美しく改善するための治療です。

「歯を今よりも白くしたい」「歯の形をきれいに整えたい」「歯並びをきれいに整えたい」「銀歯を自然な白い歯にしたい」など、お口の審美性に関するお悩みは人それぞれです。


審美治療では、「歯や口元の見た目」の改善を目的として、自然な白さのセラミックやジルコニアなどの詰め物や被せ物をする「審美治療」、歯を今よりも白く漂白する「ホワイトニング」があります。歯並びを改善するための「歯列矯正」も審美的観点から、審美治療とも言えます。

セラミック治療について

当院では、セラミックやジルコニアなどの質の高い歯科素材を使用した審美治療、「セラミック治療」に注力しています。

セラミック治療とは、歯にセラミックやジルコニアなどの歯科素材のかぶせ物などををする治療方法です。

歯の色、歯の形、歯のすき間を治したり、症状が軽いものであれば前歯の歯並びをキレイに見えるようにしたり、銀歯などと取り替えて歯の色を自然な白い歯にする治療法で、歯科審美治療のひとつです。

※歯科審美治療には、セラミック治療の他、ホワイトニングやガムピーリング、歯肉形成、歯列矯正などがあります。

メタルフリー治療とは、いわゆる「銀歯」や「金属の土台=メタルコア」、セラミックの歯でも裏打ちが金属の「メタルボンド」などの、「歯科用金属」を使用しない治療のことをさします。

メタルフリー治療では歯科金属を使用しません

保険治療では、ご自身で負担する医療費が少なくて済むというメリットがあります。しかし、いわゆる「銀歯」に場合を例にあげると、金属アレルギーの可能性、経年劣化で錆びたり、金属がイオン化・溶出して体内に取り込まれるリスク、ガルバニー電流、二次むし歯のリスクや、歯周病のリスク、そして見た目の審美性の悪さなどの問題もあります。

当院で、ご希望の方に行っている「メタルフリー治療」は、詰め物、被せ物、土台など、すべて歯科用金属を使用しない治療方法です。(健康保険適用外)

セラミックやジルコニアなどの材質の歯を使用する「メタルフリー治療」は、審美的に優れているだけでなく、上記にあげたようなリスクのない治療です。

ヨーロッパでは禁止されている金属も

ヨーロッパにおける歯科医療先進国では、歯科用金属を使用しない「メタルフリー治療」は一般的となっています。

パラジウムフリーがいわれていたり、特に歯科用「アマルガム」についてはドイツやスウェーデンでは子供・妊婦への使用が禁止されています。

当院ではかみ合わせも考えた治療を行っています

当院では「かみ合わせ」も考えた治療を行っています。詰め物や被せ物の高さが合っていないと、かみ合わせが変わってしまいます。かみ合わせは、髪の毛一本噛んでも分かるほどに精密なものです。これが詰め物や被せ物の高さが合わないことで、あごの位置にズレが生じてしまいます。このことからも、しっかりとかみ合わせを考えた精密な治療を行う必要があります。